35●貧にして怨む無きは、難し。富みて奢る無きは、易し。

35●貧(ひん)にして怨(うら)む無きは、難(かた)し。富(と)みて奢(おご)る無きは、易(やす)し。


意訳
貧しいときに誰も怨むな何も怨むなといわれても難しい。裕福なときには威張らないようにするのは比較的易しい。


憲問第十四の一〇
子曰。貧而無怨難。富而無驕易。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク