27●過ちて改めず。是、過ちと謂う。

27●過(あやま)ちて改(あらた)めず。是、過ちと謂(い)う。


意訳

・過ちを改めない。それが過ちである。

・過ちを改めない。それこそが過ちである。

・人間は誰でも過ちをすることがある。でも反省をし改めることができる。改めようとしないのが本当の過ちである。


衛霊公第十五の三十

子曰。過而不改。是謂過矣

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク