26●小人の過つや、必ず文る。

26●小人の過(あやま)つや、必ず文(かざ)る。


意訳
・普通の人は間違いがあると、必ずと言ってよいほど言い訳を並べ立てるものである。


子張第十九の八
子夏曰。小人之過也必文。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク