24●敏にして学を好み、下問を恥じず。

24●敏(びん)にして学を好み、下問(かもん)を恥じず。


意訳
・つとめて学ぶことを好み、わからないことがあれば後輩や目下の者に教えを受けても恥ずかしいとは思わないこと。


公冶長第五の一五
子貢問曰。孔文子何以謂之文也。子曰。敏而好學。不恥下問。是以謂之文也。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク