01●人知らずして慍らず。亦君子ならずや。

01●人知らずして慍(いか)らず。亦(また)君子ならずや。


意訳

・相手が自分のことを知らないからといって、怒ったりふさぎ込んだりしてはいけない。教養人とはそういうものだ。

・相手が自分の説明をわかってくれないからといって、怒ったりふさぎ込んだりしてはいけない。教養人とはそういうものだ。

・世間に自分の存在や実力が知られていないからといって、怒ったりふさぎ込んだりしてはいけない。教養人とはそういうものだ。


学而第一の一

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク