22●君子は其の言の其の行いに過ぐるを恥ず。

22●君子は其の言(げん)の其の行(おこな)いに過(す)ぐるを恥(は)ず。


意訳
教養人は口先だけで行動が伴わないことを恥ずかしいと思うものだ。


憲問第十四の二七
子曰。君子恥其言而過其行。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク